DSP版 Windows Navi+

  • ニュース
  • キャンペーン
  • イベント
  • リンク

トップページコラム | Windows 8.1 Updateしたらやっておきたい、システムリカバリイメージ作成のススメ

Column | Windows (DSP版)について、使い方から、役立ちそうなフリーソフトの紹介、ちょっとギークなネタなど、パソコンビギナーからマニアの方まで楽しんでもらえるような情報をお届けします。

Windows 8.1 Updateしたらやっておきたい、
システムリカバリイメージ作成のススメ

 「Windows 8から8.1にアップデートすると、リフレッシュ(PC上のユーザーデータはそのままにOSを初期化する機能)の実行に8ではなく、8.1のメディアが要求されるようになります。ここで困るのがストア経由でアップデートしたケースです。当然、8.1のメディアが手元にないので、リフレッシュが実行できないことになります。Microsoftのサイトからダウンロード可能な8.1 Enterprise評価版のメディアなら?と試してみても、リフレッシュの実行こそできたものの最終的には失敗してしまいます。このままでは、せっかくのリフレッシュ機能を活用できません。

●Windows 8.1アップデート後に問題となるリフレッシュ作業

 Windows 8.1では、リフレッシュに8.1のメディアが必要です。8のメディアや、8.1でもEnterpriseのメディアは使えません。
・Windows 8.1でリフレッシュを実行してみると…
リフレッシュはデータを残したままOSを初期化する機能で、PC設定の「保守と管理」から実行可能です。

・メディアを要求される
リフレッシュを実行後、しばらくするとWindowsのインストールメディアが要求されます。

・Windows 8ではNG
Windows 8のメディアをセットすると、エラーメッセージが表示されてリフレッシュを実行できません。

・EnterpriseもNG
Windows 8.1 Enterpriseの評価版を使っても、リフレッシュは実行できるものの、最終処理でエラーが発生し失敗してしまいます。

Windows 8のカスタムイメージも使えない!
 ではアップデート前のWindows 8でカスタムイメージ(後述)を作成しておけば、Windows8.1から8に戻せるのでしょうか? 実際に試してみたところ、8.1では、8で作成したカスタムイメージを登録しようとするとエラーが発生してしまいます。8.1では、8.1のメディアやイメージが必須です。

8のカスタムイメージを登録してみると…
コマンドラインから「recimg」コマンドを使って8で作成したカスタムイメージを8.1に登録すると、残念ながらエラーが発生してしまいます。

【実践】8.1のカスタムイメージを登録しよう

 Windows 8.1でPCのリフレッシュを利用するには、現在インストールされている8.1からリフレッシュ用のカスタムイメージを作成しておくしかありません。「recimg」コマンドを使って、HDD上の任意のフォルダにイメージを作成しておきましょう。ただし、現在利用中のOSがベースになるため、更新プログラムやデスクトップアプリが含まれた状態にしか戻せません。カスタマイズされたリカバリーイメージと考えることもできますが、なんらかのトラブルを抱えている状態のイメージを作成してしまうと、戻すごとにトラブルが再発することにもなります。できれば、アップデート直後の比較的クリーンな状態で作成しておくことをお勧めします。

●カスタムイメージを作成
現在インストールされている8.1をベースに、リフレッシュ用のカスタムイメージを作成します。

・カスタムイメージを確認
念のため現在の状態を確認します。コマンドプロンプトを管理者権限で実行し、「recimg /showcurrent」を実行しましょう

・フォルダを作成し作成実行
任意のドライブにイメージ格納用のフォルダを作成し、続けて、「recimg -createimage "保存フォルダ"」を実行します

・イメージ作成開始
現在のOSのスナップショットが作成されるので、イメージとしてフォルダに保存します。リフレッシュ用イメージとしてOSに登録される


●リフレッシュを実行してみよう
カスタムイメージの作成が完了すれば、作成したイメージを使ってリフレッシュを実行できるようになります。

・リフレッシュ開始
PC設定の「保守と管理」から、「PCをリフレッシュ」の「開始する」をクリックして作業を開始します

・イメージが認識される
作成したカスタムイメージが自動的に認識されるため、メディア挿入のメッセージが表示されません。「次へ」をクリックします

・リフレッシュ実行
リフレッシュすると、データを残したまま、各種設定をカスタムイメージの状態に復元します。戻してもよければ「リフレッシュ」をクリックします

・リフレッシュ続行
PCが自動的に再起動され、カスタムイメージからOSが復元されます。容量にもよりますが、しばらく時間がかかります

・初期設定を実行
アカウントとデータは保持されますが、OSの初期設定が再実行されます。以前のアカウントでサインイン後に、自動的に初期化が実行されます

・初期化完了
初期化が完了すると、カスタムイメージを作成した時点の状態にリフレッシュされます。データや設定を確認しておきましょう

▲ Page Top